• このエントリーをはてなブックマークに追加

インクジェット方式のプリンターのカートリッジの取替頻度

家庭用のプリンターにはトナーを使うレーザー方式と液体インキを使うインクジェット方式の2タイプがあります。
印刷品質についてはレーザー方式、コストパフォーマンスについては液体インキが優れていると言われています。
液体インキは顔料が使われているもので、カートリッジの中に充填が行われています。
最近は4色タイプよりも色数が多い、6色や8色タイプの製品も登場しており、繊細な色合いを持つ写真印刷が可能な製品も少なくありません。
ちなみに、4色タイプは黒、黄色、マゼンダとシアンの4つ、6色は4色に加えて、ライトマゼンダとライトシアンが加わり、8色タイプになるとグレー系の色が2つ追加されるなど、写真印刷を頻繁に行いたい人などからの注目を集めています。
尚、利用頻度が高くなると取替のタイミングも短くなります。

残量が少なくなった段階で予備を購入

インクジェット方式のプリンターに利用する液体のインキは、4色や6色タイプが多くありますが、中には8色タイプのカートリッジを利用している製品もあります。
カートリッジの中には専用のインキが充填してあるので、交換する時には決められた場所に装着をする、装着時には取り扱い説明書を見るなどして正しく行う事が大切です。
尚、黒などのカートリッジは利用頻度が高いため、なくなるタイミングも早くなります。
取替を行う事で、印字を行う事が出来るようになりますが、カートリッジの残量がゼロになってしまうと、例え他のカートリッジの残量が十分残っていても、1つでも空になると印字が出来なくなります。
そのため、残量モニターを確認するなどして、残り少なくなっているカートリッジは予備を購入しておくのがお勧めです。

利用する色が多いものは増量タイプがお勧め

文書を多く印字する場合、グレースケールでの印刷を多くする機会が多いかと思われますが、グレースケールは黒カートリッジを多く使うなどの理由からも、黄色やマゼンダ、シアンなどのカラーカートリッジが残っていても、カートリッジの残量がなくなると印刷が出来なくなります。
予め、利用頻度が多い色は予備を準備しておくのが良いのですが、液体のインキは長期間保管をしておいた場合、保管状態が悪いとプリンターの噴射口などへの目詰まりトラブルの原因に繋がる事もあります。
ある程度の予備を考えておけば、残量がゼロになってもすぐに取替が出来るので便利ですが、保管の仕方などを工夫しておかないと思いもよらぬトラブルや故障などが起きる事があるので注意が必要です。
尚、カートリッジの中には増量タイプもあるので、頻繁になくなるインクなどは増量タイプを利用するのもお勧めです。

カーグッズ・車載グッズが大集合!秋のおでかけをサポートする便利でお得なカー用品を集めました!全品送料無料の秋のおでかけ特集数量限定送料無料大特価1000円の、選べる互換インク福袋販売中!数が限られてますのでお早めに! 当店人気の高品質インクが期間限定大幅値下げ!!クリアな染色、色褪せに強い耐久力で写真印刷に最適!この機会に是非お試しを! プリンターのインクの取り扱い店「こまもの本舗」

ピックアップ記事

きれいに印刷できるプリンターのインクカートリッジ

プリンターを使う上でインクカートリッジの交換は使用頻度に合わせて行う必要がありますが、目的を明確にすることでどのような製品を選ぶべきなのかは異なります。たとえばきれいに印刷することにこだわりたいのであ...