• このエントリーをはてなブックマークに追加

プリンターを検討する際はインクの料金も比較しましょう

パソコンが置いてある家は昔に比べて多くなりました。それにつれて普及が進んだのがプリンターです。特に年末が近付くと、年賀状のための需要もあって家電量販店の売り場はかなり賑わってきます。 そして今では機能や品質、サイズなどもかなり様々な機種が様々な価格で販売されています。新たに買う場合や買い替えの場合も、どれにしたらよいか迷ってしまうことも多いでしょう。その中でも特に価格についてはやはりまだ景気が良くなった実感がない方も多いという事で、かなりシビアにチェックされる方が多いようです。 ただ、機種そのものの本体価格だけを見て購入を決めてしまって後悔するといった話もよく聞かれます。では、比較、購入する際に見落としがちなポイントに本体価格以外になにがあるのでしょうか。

プリンターを比較する際に見落としがちなポイント

比較する際に見落としがちな本体価格以外のポイントとして最も大きなポイントは、実はランニングコストとなります。実は、プリンターを購入する際にもっとも掛かる費用は、ランニングコストとして掛かってくるインクの料金なのです。 これはメーカーが本体価格をかなり低く設定し、継続的に購入してもらえる消耗品で利益を得ようとしているからという面があります。ですので、本体価格が安いからといって購入を決めてしまうと、実は維持費用でかなり高い金額を払うことになってしまった、という話が後を絶たないのです。特に印刷をある程度の枚数行う方にとっては、これはかなり大きな問題となります。 では、これについてはどのように比較していけば良いのでしょうか。実は、そこにもポイントがあるのです。

インクの料金は何枚印刷できるかも考慮すべき

キーポイントになるのは、インクについても、メーカー、機種によって様々なものがある、ということです。例えば色数が多いものは、その色数の分交換の機会がありますので、その分を合計してコスト計算しなければなりません。 また、最も大きいのは印刷枚数です。ほとんどの場合、メーカーのWebページやカタログなどにありますが、一度の交換までに可能な印刷枚数についてもメーカーや機種によってはかなりの違いがあったりするのです。例えば価格については2倍程度の差があったとしても、印刷枚数が3倍あったとすれば、後者の方がかなりランニングコストは低くなります。 他には、カラー対応の機器の場合、カラー印刷をどの程度行うかによってもランニングコストは変わってきます。カラー印刷が多い場合は、カラー用の消耗品が安いものを選ぶと良いでしょう。

ピックアップ記事

きれいに印刷できるプリンターのインクカートリッジ

プリンターを使う上でインクカートリッジの交換は使用頻度に合わせて行う必要がありますが、目的を明確にすることでどのような製品を選ぶべきなのかは異なります。たとえばきれいに印刷することにこだわりたいのであ...