• このエントリーをはてなブックマークに追加

中古でも新品でもインクジェットプリンターが長期間利用できる

インクジェットプリンターは、手軽に高画質の印刷が可能で、省スペース化ができ、置く場所に困らないことから、企業や家庭で多く用いられています。新品で購入した場合は、純正品のカートリッジを購入するにも販売されていますし、使える期間が長いでしょう。 しかし、中古品を購入した場合や、長年大切に使ってきた場合は、メーカーのサポート期間が終了し、純正品のカートリッジを扱わなくなることがありますし、購入費よりも修理代の方が高くなるため、継続の利用が難しいと予想されます。古い型の方が、手持ちのパソコンと相性が良かったり、使い慣れている方が操作性が良い場合もあるでしょう。印刷の質も満足がいくようなら、新機種に変えなくても良さそうです。発売されて何年も経過している製品を使うにはどうしたらいいでしょうか。

純正品以外の互換品なら揃っていることもある

プリンターメーカーの純正品では既に販売されなくなったカートリッジも、インクメーカーが開発した互換性のある商品なら、中古品や旧機種の物でも販売されていることがあります。純正品よりも価格が2~3割安い物が多く、コストも抑えられます。機種ごとにカートリッジの形状が違う場合があり、新規開発されるまで時間がかかりますので、新品よりも古い機種の方が充実しています。 互換品も純正品と同様に、カートリッジをセットできます。全く同じ原料を使っている訳ではないので、印刷物の仕上がりに少し差があることも見られるでしょう。ただし、再現率は90%以上の物が多く、少し見ただけでは全く分かりません。プロの目で見ても判断しづらいので、家庭で写真をプリントするとか、企業で文書の印刷をするといった使い方ではあまり問題にならないでしょう。

お手入れ用の製品を利用して長持ちさせる

中古や長期間使っていたプリンターでは、ノズルが目詰まりをしやすくなります。新品でも、使用頻度が低いと同様の症状が出るでしょう。印刷物の色がかすれたり、色抜けがしたりします。インクを加熱してノズルから噴射させて印刷をする仕組みのため、使い終わった後に冷えて固まってしまうことから起こります。ノズルのクリーニングをすると、それだけ消費してしまうことになり、カートリッジの減りが早くなるために、コストがかかることになるでしょう。 互換品を扱うショップでは、ノズルの洗浄用カートリッジが一緒に販売されている場合があります。クリーニングの機能を使うよりも、印刷コストを抑えられます。カートリッジを付け替えて使用するだけなので、難しくありません。使う時だけ取り付けができるので、定期的に利用するといいでしょう。保存しておいて、内部の洗浄液がなくなるまで利用でき、経済的です。

ピックアップ記事

きれいに印刷できるプリンターのインクカートリッジ

プリンターを使う上でインクカートリッジの交換は使用頻度に合わせて行う必要がありますが、目的を明確にすることでどのような製品を選ぶべきなのかは異なります。たとえばきれいに印刷することにこだわりたいのであ...